区分マンションに投資してみよう|初心者さん講座

不動産投資の考え方の適用

住宅を購入するときには住宅ローンを組むのが通常です。住宅を離れなければならないときにリロケーションが選ばれているのは、収入をローンの返済に使用できる点が着目されているからであり、不動産投資の延長線として利用されています。

空室以外も気を付けよう

電卓とお金

管理を確認しよう

区分マンション投資を上手にしている人は、投資物件を慎重に選定しています。なぜならば、区分マンション投資のリスクをきちんと把握しているからです。区分マンション投資のリスクというと、空室リスクがまず挙げられます。確かに、空室には気を付けなければなりません。しかし、空室リスクを小さくするために、都市中心部の区分マンションを闇雲に保有すればよいというものでもありません。なぜならば、都市中心部のマンションであっても、良し悪しがあるからです。その良し悪しとは、管理状態のことです。マンションは建物部分が年数の経過とともに劣化していきます。これは避けられないことですが、きちんと管理をしていれば、この劣化速度を遅らせることができます。きちんと管理をするということは、適切な時期に適切な修繕をしているということです。修繕をするためには、お金がかかります。良いマンションは修繕がきちんとされていると共に、修繕積立金がしっかりと積み立てられているということです。管理がきちんとされているかどうかは、現場を自分の目で確認するとともに、修繕履歴や議事録を確認しましょう。修繕積立金の総額などは不動産会社に問い合わせれば把握できます。また、管理については、10年から15年に一度の割合で大規模修繕工事がなされ、15年から20年の間に設備更新工事が行われていれば、管理状態は良好と言えます。また、細かな修繕も適時行われているか確認しておきましょう。

お金

100万円で投資可能

みんなで大家さんシリーズは1口100万円から購入することができるため、中古ワンルームマンションでの不動産投資を諦めていた人でも始めやすい投資商品といえます。販売期間が決まっているので、募集開始時期を注視しておくとよいです。

セミナー

不動産を勉強しよう

不動産投資セミナーには内容がいろいろあるため、経験者であれば経験者向けの内容を選びましょう。一定の種類の不動産に特化したセミナーなどもありますので、希望する物件を見つけやすくなることも魅力と言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加